タグ:おうちごはん ( 84 ) タグの人気記事

かぼちゃのニョッキ



かぼちゃで作ったニョッキ。
もちもちねっとり、ほどよい甘さで美味しいね。
黒胡椒が好きだから、かけすぎちゃう。


e0277800_08290836.jpg





四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 287,727



by PASSAGE_4 | 2018-09-18 08:48 | 料理

クルミとキノコのパスタ


この数日、暮れかけた薄ネズミ色の空をヒツジ雲が浮かんでいます。
少し気温が下がってきたので、こっくりしたものが食べたくなってきました。
スッキリした白ワインから赤へ、不安な中でも季節は移っていきます。

e0277800_15530341.jpg
コート・デュ・フォレ・グラニティック [2011] フルール・ド・ヴィーニュ


みじん切りにしたクルミと椎茸、マッシュルームを炒めて生クリームを加えてソースに、最後に加えた味噌が隠し味でいい仕事をしています。和のような洋のような味わいのパスタは、なんとなく秋味です。

e0277800_16014491.jpg






和を意識したパスタは、日本の季節に寄り添って、飽きのこない美味しさ。
スズキ エミさんのパスタ本。

四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 136,679



by PASSAGE_4 | 2018-09-10 17:27 | 料理

エオリア風のパスタソース



7月末で閉店してしまったバルの一番人気だったパスタソースを教えてもらったのでメモ。バルでは、手打ちパスタだったので味わいは違うけれど、何度も作っています。
使うツナ缶やオリーブによって味が大きく変わるのも面白い。バルでは、レモンとくるみが入ったパン粉をトッピングしていたことを覚えておこう。


e0277800_14142639.jpg


今回は、ソースをしっかりからめようと、フジッリにしました。
「ひとりごはんの愉しみと工夫」で知った有元葉子さん流パスタの食べ方は、葉野菜をパスタに混ぜながら食べますが、さっぱりもりもり食べられます。
葉野菜は、オリーブオイル、塩、胡椒など一切使いません。



このパスタソースはエオリア風だそう。エオリアとはイタリア シチリア近くの北方のエオリア諸島です。
行ったことがないので本場の味はわかりませんが、ケッパー、オリーブをたくさん使った大人好みのソースです。

エオリア風のパスタ。
材料

ツナ缶・・・100g
黒(グリーン)オリーブ・・・32g(輪切り)
にんにく・・・1個
アンチョビ・・・8g
ケッパー・・・16gぐらい
タイム・・・4本ぐらい(オイルに香りをうつす)
プチトマト・・・80g(半分にカット)
オリーブオイル・・・大2〜3
白ワイン・・・20g

※イタリアのツナ缶は、オリーブオイル漬けでこれがまた味しい!その時はこのオイルを使いますよ〜。



やっぱり有元さんの料理はあかぬけているなぁ。

ひとりごはんの愉しみと工夫
有元 葉子
東京書籍
売り上げランキング: 2,703




by PASSAGE_4 | 2018-08-21 20:55 | 料理

ふたつの素材でシンプルに



長尾智子さんの組み合わせレッスンより。
野菜に相性のよい肉か魚のどちらかひとつを組み合わせたおいしいひと皿。

その1. ゆで鶏むね肉と枝豆の柚子胡椒炒め。

ゆで鶏むね肉に、柚子胡椒や醤油で味付けした枝豆をたっぷりのせて。
「野菜は添え物でなく肉や魚と同じボリュームにしたいもの。一緒に混ぜてしまうよりも、それぞれの素材を独立させて、別々に味付けしてから盛り付けると味にメリハリが出るし、おいしそうです。」長尾智子さん。

ビールのおともに、ダイエットに、疲労回復にも良さそうですね。

e0277800_13005031.jpg



ゆで鶏むね肉と枝豆の柚子胡椒炒め
材料

・鶏むね肉・・大1枚
・枝豆・・・1袋
・生姜すりおろし・・・小1
・塩・・・少々
・醤油・・・小2
・柚子胡椒・・・小1/3
・植物油・・・小2


作り方

・鶏肉は軽く塩を振り10分おき、水分をふいて、沸騰したお湯から弱い火に落とし4分煮て、そのまま火を止め、ゆで汁につけておく。
 ゆで汁は塩、胡麻油、溶き卵でスープに。
・枝豆は蒸し煮にし、サヤをむき軽く塩を振っておく。
・鶏肉は好みの厚さにスライスし、器に盛る。
・フライパンに油を熱し、枝豆を中火で炒め、生姜を加える。仕上げに醤油、柚子胡椒を枝豆にからめ、火を止め鶏肉にのせる。



食べ方帖 自分を養う毎日のメニュー
長尾 智子
文化出版局
売り上げランキング: 55,379



by PASSAGE_4 | 2018-08-13 11:33 | 料理

ゆでサバのサラダ。



焼いたり、煮てもさバをゆでるってピンとこないでしょう?
いつか作ろう思っていた細川亜衣さんのイタリアの食堂で出会ったレシピ。


e0277800_09012921.jpg




レンバイで花がついたパクチーを見た時にこれで作ろう!って思いましたよ。
パクチーの茎、ローリエ、玉ねぎとレモンの端っこ、粒黒胡椒を入れて、サバを水から静かに熱を入れます。
ゆで上がったサバにオリーブオイル、ホワイトバルサミコビネガー、塩でマリネして、きざんだパクチーをたっぷり、みじん切りのレッドオニオンとライムを絞り、青い野菜とともにいただきます。
身はしっとりと柔らかく、脂のったサバのさわやかなこと、しばらく置いて身が締まったサバをパンとサンドしてもよさそうです。


e0277800_09013337.jpg





料理も写真も添えられた文章も美しい一冊。


愛しの皿
愛しの皿
posted with amazlet at 18.06.24
細川 亜衣
筑摩書房
売り上げランキング: 147,620



by PASSAGE_4 | 2018-06-25 08:00 | 料理

パクチーライス



キューピー3分クッキングで藤井恵先生がいつものように、テキパキとお料理していました。
パクチーは1年中スーパーに並んでいますが、露地物は今が旬なんですって!知らなかった。
そのパクチーをたっぷり使ったパクチーライス!おいしそうです。
豚ひき肉と刻んだニンニク、赤唐辛子、パクチーの根、プチトマトを炒め、最後にたっぷりパクチーの茎と葉を加え炒め合わせ、ナンプラーと砂糖で味を付け、ご飯にのせて出来上がり。


e0277800_18042395.jpg



フルーツトマトなので、ジュースを出すように炒めて、砂糖はほんのちょっと。
チャチャチャと簡単にできて、おいしい。
これ好きです。


e0277800_18043278.jpg




More
by PASSAGE_4 | 2018-06-01 18:50 | 料理

新玉ねぎのドレッシング




みずみずしい新玉ねぎを使った春のドレッシングで野菜をたくさん食べたい。
シーフードとも相性がよくて、粒マスタードや胡椒を加えたり、醤油を加えると和風、作っておくと重宝します。


e0277800_08152509.jpg



e0277800_08153426.jpg





新玉ねぎのドレッシング

材料

・新玉ねぎ・・小1個
A
・りんご酢・・・120ml
・はちみつ・・・大1
・塩・・・小1
・サラダ油・・・70ml


作り方

・新玉ねぎはすりおろし、Aとよく混ぜ合わせる。


by PASSAGE_4 | 2018-05-12 17:30 | 料理

それにしても寒いから、新玉ねぎの春おでん。



クリーニングしたセーターをひっぱりだすような寒い日が続いていますから、あたたかいものが食べたくて、TVでみた飛田和緒さんの新玉ねぎの春おでんを作りました。淡いスープにゆらゆら泳ぐ具材は、温泉につかっているようです。


e0277800_19232227.jpg




あさりのだしで新玉ねぎを煮込んだやさしい春のおでんは、味も色彩もやさしい。
粒マスタードやおかか醤油をつけていただきますが、塩レモンもオススメです。

e0277800_19230832.jpg




More
by PASSAGE_4 | 2018-05-10 19:56 | 料理

トマトと梅干のスープ


5月だというのに、風邪をひいてしまいまいした。
でも食欲はまったく落ないので、太ったまんまです。
かつおだしを使っているので和風のような、でもパンにもあうスープ。
トマトに加えた梅干の酸味がさわやかで口当たりがいいんです。
急に暑くなったので冷たくして召し上がれ。グラスに入れるのも涼しげです。


e0277800_13485205.jpg




北海道 洞爺湖の「ラムヤート」。
映画「しあわせのパン」で陽子さんのアトリエとして登場したパン屋さんです。
美しい 洞爺湖にいつか行ってみたいなぁ。

e0277800_13500250.jpg






More
by PASSAGE_4 | 2018-05-02 07:30 | 料理

きゃらぶき 覚書



このあたりでも山蕗がたくさん取れます。
半日干してから煮ます。


e0277800_18103320.jpg



e0277800_18103775.jpg



・山蕗・・・500g
・昆布・・・5cm角
・醤油・・・90cc
・酒・・・150cc
・砂糖・・・大2


・山蕗をたわしで洗い、たっぷりのお湯で10分湯がき、水にとって一晩さらす。
・山蕗と昆布を4cmぐらいにカットし鍋に調味料を入れ煮立て、中弱火で落し蓋をして煮る。
 煮汁が半分になったら蓋を取り、ときどきかき混ぜながら好みで煮詰めて出来がり。






by PASSAGE_4 | 2018-04-24 07:19 | 料理


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
おでかけ

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

最新の記事

あとりえ・う と武相荘
at 2018-09-25 16:09
花束のようなファラフェルサンド
at 2018-09-19 07:50
かぼちゃのニョッキ
at 2018-09-18 08:48
ベーカリー麦田
at 2018-09-15 20:49
クルミとキノコのパスタ
at 2018-09-10 17:27
いちじくと水切りヨーグルト
at 2018-09-07 11:18
アインの相棒。
at 2018-09-01 17:19
エオリア風のパスタソース
at 2018-08-21 20:55
明治神宮のパワースポットめぐり
at 2018-08-17 12:28
ふたつの素材でシンプルに
at 2018-08-13 11:33

タグ

検索