2017年 07月 07日 ( 1 )

ジャコメッティ展


Alberto Giacometti



e0277800_9512058.jpg
女性立像Ⅱ・大きな頭部


私とモデルの間にある距離はたえず増大する傾向をもっている。
「もの」に近づけば近づくほど、「もの」が遠ざかる。 
Alberto Giacometti



e0277800_952516.jpg
歩く男


ジャコメッティのブロンズ像は細く長く表面が凹凸のある不自然な造形が有名で、作風の特異さが注目されていますが、試行錯誤しながら創作された彫刻には鬼気迫るものを感じ圧倒されました。




大事にしているアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真ですが、雨に濡れながら歩く男はジャコメッティ。
美術批評家のピエール・シュネデールはジャコメッティのアトリエを「14区の奥の狭い通路にしか見えない中庭に面した極めて小さく埃だらけの壊れかかったアトリエ」と形容していますが、金銭的に余裕ができても物置小屋にしか見えなかったアトリエを生涯離れなかったそうです。

e0277800_9522578.jpg
Henri Cartier-Bresson et Alberto Giacometti
FRANCE. Paris. 14th arrondissement. Rue d'Alésia. Swiss painter and sculptor, Alberto GIACOMETTI. 1961.



ジャコメッティは、昼過ぎに近所のカフェで遅めの朝食を取り、午後いっぱいアトリエで仕事をした後、再び夕食のために出かけ、友人たちと議論を交わし、戻ると夜通し仕事を続けるという生活をくる日もくる日も送っていたそうです。この写真はアトリエのあった14区で撮られたものと知ってゾクッとしました。
by PASSAGE_4 | 2017-07-07 07:07 | アート


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
旅行

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

最新の記事

北鎌倉 明月院
at 2018-06-16 09:40
アインとアナベル
at 2018-06-13 08:55
のらとボクの微妙な距離。
at 2018-06-11 09:18
期間限定 東慶寺 白蓮舎 茶店
at 2018-06-10 09:49
東慶寺その前に。
at 2018-06-07 16:35
紫陽花の長谷寺のこみち。
at 2018-06-07 10:07
ピンクアナベル
at 2018-06-03 09:16
タチアオイ
at 2018-06-02 08:36
パクチーライス
at 2018-06-01 18:50
つきいちスパイスカレー部。
at 2018-05-31 07:02

タグ

検索