sahan@鎌倉


2017/04/15 woman.excite.くらし記事より


鎌倉駅ホームで新宿方面に向かう電車待ちをしていると、ニューカマクラホテルに並ぶ通りの2階の窓から見える人影が気になっていました。

訪ねたのは、地元では裏駅と呼ばれる西口から2分ほどの、お茶とご飯の店「sahan(サハン)」です。

e0277800_22352199.jpg



ひかえめな看板がついたドアを開け、階段をのぼると、窓からは鎌倉駅のホームが見え、光がたっぷり差し込む、清潔で開放感がある空間がありました。

e0277800_2236024.jpg



e0277800_22361247.jpg
少しだけ急な階段を上るとお目当てのsahan、奥の古書「ウサギノフクシュウ」ものぞきたい



店名のsahanは、“日常茶飯事”のお茶とご飯の“茶飯”から。「日常のごくありふれたこと、普通のことを大切にしたい」という、店主の高階美佳子さんの思いが込められています。

e0277800_2240038.jpg


ホールのテーブルが8席、窓側のカウンターが8席。
店に入ったら、まずキッチンカウンターで注文を済ませ、番号札を受け取り、用意ができて呼ばれたら自分でとりにいくセルフスタイルです。

e0277800_22415084.jpg


e0277800_2241305.jpg
かもめの札。心地よい店内に流れるピアノを聞きながら食事ができるのを待ちます。


sahanの看板の定食は、月替わりで、隔週ごとにパンとごはんが入れ替わる一汁三菜です。

高階さんは、「普段でも食べられるようなおうちご飯ですよ」と笑っていらっしゃいましたが、旬の鎌倉野菜を中心に乾物なども取り入れた献立は、栄養バランスが取れた、心も体も満たされる内容です。

e0277800_22401535.jpg


この日は、ごはんの定食でした。
内容は、春菊と切干しのおひたし、春野菜の豚しゃぶ、麻婆大根にご飯、味噌汁です。

e0277800_22373682.jpg
ごはんの定食 1,300円(税込)


やわらかくてみずみずしい春キャベツ、菜の花、アスパラ、スナップエンドウなどの春野菜をたっぷり使った豚しゃぶは、さっぱり。

盛り付けた器は伊藤環さんのもので、料理と器のバランスにも気を配っている高階さんのさりげない美学が感じられます。

e0277800_2238494.jpg
絶妙な茹で加減の春野菜を使った豚しゃぶは、食べごたえもあります。


麻婆大根の大根はとろけるよう。ひとつひとつが丁寧に作られたのがわかるやさしい味わいで、どの料理もとてもおいしい。

e0277800_22383751.jpg
伊藤環さんの浅い鉢に盛られた麻婆大根。



窓からの景色を眺めながらの食事はひとりでも退屈しません。

高階さんのかもし出すやさしい雰囲気とゆるく流れるsahanの時間はあまりにも心地よくて、いつのまにか鎌倉の住人になったような錯覚を覚えるほどでした。

e0277800_1056671.jpg



sahan
鎌倉市御成町13-38 萩原ビル2F
11:30~21:00
水・木定休
by PASSAGE_4 | 2017-07-02 07:14 | woman exicite


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
旅行

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新の記事

花散歩
at 2018-04-25 06:33
きゃらぶき 覚書
at 2018-04-24 07:19
横浜山手ぷらっと。
at 2018-04-23 07:36
秘密の場所はおいしい!?
at 2018-04-22 05:00
なんでもない春のおかず。
at 2018-04-21 20:21
紋四郎丸の湘南しらす
at 2018-04-18 11:05
徳島県神山町からやってきた ..
at 2018-04-17 10:21
chioben風 春巻き
at 2018-04-16 08:42
春の野菜をつかって。
at 2018-04-14 20:30
若葉の季節。
at 2018-04-13 08:46

タグ

検索