寝る子は育つと言いますが・・・・


アインの体は丸太ん棒のようで、育ちすぎの10.8kg。
先週からおやつは ほぼなしになり、アインのうらめしやーの視線が痛い毎日ですが、(今度こそ)心を鬼にしてきびしく。笑。


e0277800_20344735.jpg



そして結膜炎になってしまいましたが、目薬でだいぶ良くなりました。
目標は9.6kg !
道は遠いですが がんばりましょ。


e0277800_04534370.jpg




# by PASSAGE_4 | 2018-11-13 05:40 |

白菜と鶏肉のゆずスパゲティ



材料は白菜、ゆず、鶏ささみとまるで鍋の残りを使ったようなスパゲティ。
蒸し煮にするように火を入れた鶏ささみはふっくら、白菜もみずみずしい。
もちろん和テイストですが、すりおろしたパルメザンチーズがあいますよ。


e0277800_09315480.jpg





四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 149,079



# by PASSAGE_4 | 2018-11-12 09:43 | 料理

しいたけとしょうがのスパゲティ


昨日のお昼は、またまたスズキエミさんのにっぽんのパスタより。
スズキエミさんの和テイストのスパゲティがなんだかなじんで、一冊すべて作ってみる勢い。
このパスタのポイントは千切りとすりおろした生姜のダブル使いとしいたけの火の入れ具合。
大好きなちぢみほうれん草も入れてみました。

e0277800_15324770.jpg





四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 155,269



# by PASSAGE_4 | 2018-11-06 08:51 | 料理

あきる野市で竹林ランチ


真木テキスタイルスタジオの「秋の彩り」展に行ってきました。
東京の西、あきる野市にある真木テキスタイルスタジオへは自宅から電車を3回乗り換えました。
ゆうに2時間はかかり、いやぁ・・・遠かったです。
養蚕農家だった築200年の古民家がスタジオ主宰 手織物作家の真木千秋さんの仕事場です。

e0277800_14262644.jpg


「秋の彩り」展は、ウールやパシミナの糸をマリーゴールドの黄色、藍などに染め、天然の生成り、グレー、ブラウンに彩りを重ねた布がブラウスやケープベスト、腰巻などになっていました。わたしの今の生活スタイルには合いませんが、魅力的なものがありました。

e0277800_14264379.jpg


e0277800_17270416.jpg


e0277800_14265642.jpg


e0277800_14275125.jpg


アインは縁側の前で記念撮影、お昼頃はねむねむタイム、ぼんやりしています。

e0277800_14273504.jpg


装いもばっちり決まったおふたり。右側の方はスタジオ会長兼用務員(笑)の田中ぱるば氏です。

e0277800_14274380.jpg


e0277800_14280482.jpg


一見無造作に見える庭ですがケヤキの枝を切ったチップが敷き詰められ、雑草がはえないようになっていて足元はふかふかでした。柿の木の向こうは孟宗竹がのび、都心の時間の流れとはまた違う気がしました。

e0277800_14324502.jpg
色づき始めた柿の木に下げられた布も時折風が吹くと大きく泳ぎます。

e0277800_12355225.jpg


今日の目的は竹林でランチをいただくこと、木村朋子さんの作る秋野菜とスパイスを使ったティモケのプレートを楽しみにしていました。切り株もテーブルと椅子に使われたパッチワークのマットがおしゃれ。

e0277800_14322827.jpg


e0277800_14330102.jpg
季節を感じる食材に 彩りを添えて、旅先で出会った 味の記憶を辿るプレート


京芋のフライ ヨーグルトソース、なすとひよこ豆のキーマ、かぼちゃのココナッツマサラ、
紫大根とかぶのアチャール、柿と水菜の菊花サラダ、キャベツとパニールのポリヤル、レンコンと青菜のジャキア炒め、キノコのウールガイ(スパイスオイル漬け)と揚げたてのじゃがいもと甘長唐辛子のサモサ。
野菜も色とりどりできれい、ひとつひとつ味に変化があり、どれもこれもおいしいなぁ。

e0277800_14332741.jpg


tocoro cafe(トコロ カフェ)の珈琲とスイーツは食後に。南瓜とホワイトチョコと大納言入りの米粉のブラウニーは、しっとりして洋菓子と和菓子をあわせたような素敵な組み合わせ。深みのある珈琲はKUSA.喫茶焙煎豆を使ったハンドドリップで、シナモンとラムの香りがするブラウニーと相性ばっちりでした。

e0277800_14335587.jpg
tocoro cafeの珈琲とスイーツ


アインはどこかな〜、おとなしいね。
ねむねむアインは隠れんぼしてますよ。見えるのは、まあるいオチリだけ〜。笑。

e0277800_14334054.jpg


ゴールデンウィークのころ、5月のスタジオは、風も光も空気もすばらしくて実に気持ちがいいですよ、ワンちゃんとまた来てくださいと声をかけていただきました。
そうですね。森林浴にまたゆっくりと遊びにきます。
アインも長旅、おつかれさまでした〜。

e0277800_14340491.jpg
スタジオからの眺め



# by PASSAGE_4 | 2018-11-04 17:44 | おでかけ

とらや赤坂店

10月1日にリニューアルオープンした「とらや赤坂店」。
和菓子や日本文化を発信するギャラリーと売場、3階はテラスもある茶寮がありました。
設計は、TORAYA TOKYO や とらや工房などを手がけた内藤廣建築設計事務所。 ヒノキをふんだんに使った壁や天井、黒漆喰の壁など、緩やかな雰囲気の中にきりっとした顔が見えます。
最近はオリンピックの影響もあってか天然木を使った内装が一気に増えましたね。

e0277800_13283585.jpg


ギャラリーの初回企画展は、「とらやの羊羹デザイン展」、大正時代の絵図帳に描かれた450点のデザインが公開されています。

e0277800_13445957.jpg
100年前の菓子見本帳

e0277800_13445138.jpg
ヒノキの組子壁

e0277800_13445662.jpg


e0277800_13282834.jpg
3階から2階をのぞいたところ


3階は御用場(製造場)があり、お菓子づくりの様子をガラス越しに見ることができ、つくりたての生菓子や焼き菓子がいただけます。

e0277800_13313225.jpg
3階の菓寮の天井

10月末までの季節限定の栗粉餅をいただきました。裏漉した栗と白餡を混ぜた生地をそぼろにして、求肥包みの餡につけたお菓子です。
栗の香りがふわっと広がり、ほっくりしてしっとり、ひと口食べて感激の栗粉餅。毎年楽しみにしています。この時期は毎日でも食べたいのが栗です〜!

e0277800_13564109.jpg


e0277800_13285061.jpg


e0277800_13282460.jpg




# by PASSAGE_4 | 2018-10-31 18:41 |

西洋菓子 しろたえのレアチーズケーキ



1976年創業の赤坂の洋菓子店「しろたえ」は、みんなに愛されています。
大人気のレアチーズケーキは真っ白できれい。
ふた口で食べられるほど小さいけれど、ふんわりとして濃厚、酸味のバランスもよくてとてもおいしい。

デンマーク製のクリームチーズ2種を裏ごしなしで空気を含ませるように混ぜ合わせるのがポイントらしい。メモメモ!

e0277800_18310133.jpg





食いしん坊は、しろたえのレアチーズケーキがやっぱり好き。

くいしんぼう
くいしんぼう
posted with amazlet at 18.10.29
松浦 弥太郎
マガジンハウス
売り上げランキング: 197,727




# by PASSAGE_4 | 2018-10-29 19:23 | 甘いもの

いちじくとひよこ豆のフムス


味噌じゃないですよ。
ひよこ豆の水煮を使ったフムスはクミンシードやヨーグルト入りです。
いちじくとともに、ライ麦全粒粉を使った平焼きパン、クネッケにのせて食べました。
スパイスフムスにはワインがぴったり、くぴくぴ飲んじゃいますよー。

e0277800_13212809.jpg



いちじくとひよこ豆のフムス
材料

いちじく・・・食べたいだけ
無糖ヨーグルト・・・大2
クミンシード・・・小1
レモン果汁、白練りごま・・・各小1
オリーブオイル・・・大1/2
塩、胡椒




たまさんは大豆の水煮を使って香菜のみじん切りをパラリ。

季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方
中川 たま
日本文芸社
売り上げランキング: 102,898



# by PASSAGE_4 | 2018-10-28 18:59 | 料理

アメジストセージとアイン



10月23日は二十四節気でいう霜降(そうこう)でした。
ついこの間まで暑い暑いと大騒ぎして台風に追われているうちに秋が一気に深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなりました。
ベルベットのような風合いを長い花穂を持つアメジストセージは日が短くなってきた庭に深みのある色をそえます。
今日は満月ですね。昨夜は澄んだ美しい大きな月が見られました。

e0277800_19204627.jpg




# by PASSAGE_4 | 2018-10-25 07:47 |

いちじくの葉の香りを楽しむ。


福田里香さんの本で見つけたいちじくの葉を使った天然のアロマ。
葉をたくさん摘んで風通しの良い日陰で干すだけです。
ほんのりと甘く、空気が動くとふんわりとした果実の良い香りがします。
葉が枯れ落ちてしまう前に使わないともったいない。


e0277800_18570622.jpg








# by PASSAGE_4 | 2018-10-16 19:34 |

秋色の根菜ラグーソース



スズキエミさん著「四季を味わうにっぽんのパスタ」は、もはやバイブル。
秋の落ち葉の色の根菜ラグーソースは、みじん切りのごぼう、れんこん、セロリ、人参、玉ねぎ、にんにくを使います。
味の決め手は仕上げに少量の味噌を加えると、奥深い味になり全体をひとつにまとめます。
レシピの牛肉を豚との合挽肉に、フレッシュトマトをトマト缶に変えましたが、ボリュームもコクもあって、悪くありません。
オムレツやポテトグラタン、コロッケの具にも変化、冷凍もできるので何度も作っています。
そしてパスタと野菜を一緒に盛り付け、混ぜて食べる有元流も、定番になりつつあります。


e0277800_19005542.jpg







四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 264,396


ひとりごはんの愉しみと工夫
有元 葉子
東京書籍
売り上げランキング: 2,703




# by PASSAGE_4 | 2018-10-12 20:23 | 料理

カオリーヌ菓子店のバスクのチーズケーキ



以前、植松良枝さんのレシピで作ったスペインバスク地方のチーズケーキを褒められたので、今回は かのうかおりさんのレシピで焼きました。

e0277800_21463384.jpg


前回は15cmの型でしたが、今回は12cmなのでかわいいサイズ感です。
かのうかおりさんによると、バスクのバルでは薄めにスライスして2切れずつサーブし、スプーンで食べるそうです。

e0277800_08480766.jpg


焼きたてのふんわりした軽い食感もおすすめですが、2,3日冷蔵庫で冷やすとしっとりとなめらかでより濃厚な味わいになります。
うーん、、、前回と甲乙つけがたいおいしさで、一切れ、もう一切れ・・・とあっといまにワンホールが消えていく危険な食べ物です。



★植松良枝さんのレシピで作ったバスクチーズケーキ記事
その1.https://passage4.exblog.jp/25153225/
その2.https://passage4.exblog.jp/27456306/




カオリーヌ菓子店のチーズケーキ (生活シリーズ)
かのう かおり
主婦と生活社 (2018-04-26)
売り上げランキング: 67,362









# by PASSAGE_4 | 2018-10-11 09:50 | 料理

とんかつ ひなた


テニス界の新星 大坂 なおみさんが、「もし好きなものをなんでも食べていいならカツカレーが食べたい」と答えていたので、急にとんかつモードになった単細胞のわたし。
さて・・・・・どこにしようかなー。
最近よく利用している高田馬場はとんかつの街と言われているそうで、「食べログとんかつランキング全国1位の〝成蔵〟は、さすがにおいしいよー。高いけどね」と教えてもらいましたが、2時間以上待ちって・・・・無理です。

e0277800_21532563.jpg
ロースカツ


そんなわけで、「ランチが良心価格で、こっちもいいよ」とオススメされた〝とんかつ ひなた〟。
薬膳漢方飼料で育てられた宮城の薬膳豚を使い、2018ビブグルマンにも紹介されています。
お塩をつけて食べるのがひなた流、ランチですからお肉は薄いけど柔らかでまぁまぁ。
外にでたら、こちらも行列ができていました。




# by PASSAGE_4 | 2018-10-09 17:57 | 食べ物の話

季節外れの暑さだったねー。



昨日はぎらぎら真夏日で今日はどんより。
気温も8℃ぐらい下がるんですって。
疲れるわぁ。
アインの好きなスイカも食べ納めだよ。

e0277800_09500234.jpg





# by PASSAGE_4 | 2018-10-08 09:59 | 季節の話

豚肉と菊のスパゲティ



秋はうきうきする食材がたくさん。
目立たない存在かもしれませんが、菊が大好きなんですよねー。
茹でた菊とフレッシュな菊を使った和パスタを作りました。
菊の芳香をほのかに感じる繊細なほろ苦さは、秋の味わいです。


e0277800_16045203.jpg





四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 150,898




# by PASSAGE_4 | 2018-10-04 18:30 | 料理

あとりえ・う と武相荘



秋雨前線が活発すぎてうらめしいと空ばかりみていてもしょうがないので、ちょっとお出かけ。
乗りなれない線に乗り、小机、鴨居などユニークな駅名をすぎて町田市の鶴川駅につきました。

e0277800_18542106.jpg


山を愛し、山に登る男たちを描き続けた、木版画家の畦地梅太郎氏の「あとりえ・う」。
アトリエを改装したギャラリーは、展示スペースとしては小さいですが、彫刻刀やバレン、筆などの愛用品を見ることができました。

e0277800_18443358.jpg


お目当の作品はありませんでしたが、北欧風のインテリアや白い壁に似合いそうな作品がいくつもありました。

e0277800_18541325.jpg


「あとりえ・う」に向かう途中、武相荘の道案内を見つけ、旧 白洲邸 武相荘も鶴川だったと、数年ぶりに立ち寄りました。
町田市はベットタウンなので、同じようなつくりの家が並んでいますが、竹やぶに囲まれた武相荘は別世界ですが、東京から近く野山に恵まれた場所を探し、家を構えた白洲次郎氏と正子さんが住んでいた頃の面影は残念ながら残っていません。

e0277800_12560778.jpg


長屋門をくぐると柿の木があり、実が色づき始めていました。正子さんの娘さんの牧山桂子さんは子供の頃、竹の棒で身を落として食べていたそうですが、子供の頃にたべすぎてしまったせいか今では眺めるだけになってしまったそうです。

e0277800_12561935.jpg


雨上がりの茅葺き屋根の家の中は湿気をふくんで少し重たい空気でした。
展示品は秋支度で、囲炉裏を囲むように、正子さんが日常で愛用していた器や着物、テーブルクロスなどたくさん並んでいます。

e0277800_12563324.jpg


時間をへて本物だけがもつ迫力ある器の数々、瀬戸馬の目皿や瀬戸の麦藁手(むぎわらで)なども・・・眼福に預かりました。

e0277800_14320388.jpg
瀬戸馬の目皿に盛られたラムの網焼き。〜白洲次郎・正子の食卓より〜



e0277800_12563027.jpg


今回特に惹かれたもの、白洲次郎氏の遺言書の前でしばらく立っていました。〝葬式無用 戒名不用〟と家族に残した遺言は有名ですが、人は役割を果たしたら風のように去るべきであると考ていた次郎氏。

先日、樹木希林さん亡くなられましたが、生前に語っていた死生観など、心に響くもの、教えられた気づきがたくさんあります。
とても素敵な女優さんでした。






畦地梅太郎版画集「山男」
畦地 梅太郎
山と渓谷社
売り上げランキング: 71,753


白洲家の晩ごはん (とんぼの本)
牧山 桂子
新潮社
売り上げランキング: 400,345


武相荘のひとりごと (白洲次郎・正子の娘が語る)
牧山 桂子
世界文化社
売り上げランキング: 333,681




# by PASSAGE_4 | 2018-09-25 16:09 | おでかけ

花束のようなファラフェルサンド


Ballon TOKYO



中目にオープンしたファラフェルサンドが食べられる店です。
トマトスープとラズベリーソーダがついたランチセットにしました。
ファラフェルは、外はザクザクで、中はホクホクのひよこ豆で作る中東発祥のコロッケのようなものです。
神泉の「クンバ ドゥ ファラフェル(Kuumba du Falafel)」のが抜群においしと思うけれど、遠いからね。
揚げたナス、グリルした舞茸、トマト、レタス・・・野菜たっぷりなのがうれしい。


e0277800_18414989.jpg




# by PASSAGE_4 | 2018-09-19 07:50 | カフェ

かぼちゃのニョッキ



かぼちゃで作ったニョッキ。
もちもちねっとり、ほどよい甘さで美味しいね。
黒胡椒が好きだから、かけすぎちゃう。


e0277800_08290836.jpg





四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 287,727



# by PASSAGE_4 | 2018-09-18 08:48 | 料理

ベーカリー麦田


お散歩コースから、ちょこっと外れたところ。
ドラマ 「義母と娘のブルース」 に出てくるベーカリー麦田は、まだテントが残っていて、さびたシャッターにま新しいテントが寂しい。
次回が最終回だなんて楽しみがひとつ減ったわ。


e0277800_18541734.jpg


ベーカリー麦田のお隣は、こんな居酒屋さん。
ちょっと入ってみたいかな・・・・・。

e0277800_17574475.jpg


この商店街で人気のパン屋さんは「イトキト」、本が出ているぐらいサンドイッチが美味しい。
それにしてもちょっとさびれた通りを綾瀬はるかさんが歩いていたなんて、信じられない。
スーツ姿でもスタイル良くて、きらきらっ。そりゃあ、目立つだろうなぁ。

e0277800_17580054.jpg







新版イトキトのフレンチスタイルサンドイッチ
勝野 真一
マイナビ出版 (2017-05-26)
売り上げランキング: 377,720

# by PASSAGE_4 | 2018-09-15 20:49 |

クルミとキノコのパスタ


この数日、暮れかけた薄ネズミ色の空をヒツジ雲が浮かんでいます。
少し気温が下がってきたので、こっくりしたものが食べたくなってきました。
スッキリした白ワインから赤へ、不安な中でも季節は移っていきます。

e0277800_15530341.jpg
コート・デュ・フォレ・グラニティック [2011] フルール・ド・ヴィーニュ


みじん切りにしたクルミと椎茸、マッシュルームを炒めて生クリームを加えてソースに、最後に加えた味噌が隠し味でいい仕事をしています。和のような洋のような味わいのパスタは、なんとなく秋味です。

e0277800_16014491.jpg






和を意識したパスタは、日本の季節に寄り添って、飽きのこない美味しさ。
スズキ エミさんのパスタ本。

四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
立東舎
売り上げランキング: 136,679



# by PASSAGE_4 | 2018-09-10 17:27 | 料理

いちじくと水切りヨーグルト


短いいちじくの季節です。
いちじくラバーの福田里香さんが「いちじく好きのためのレシピ」を出しました。
数々の焼き菓子、ケーキ、サラダのレシピの中から、一番手間も工夫も必要ないものを。笑。
水切りヨーグルートを塗るだけ・・・朝食や前菜としていただきまーす。


e0277800_10311415.jpg








# by PASSAGE_4 | 2018-09-07 11:18

アインの相棒。



アゴ枕はマペットのカピ。
ドイツ生まれのマウスを、うちではカピ(カピバラみたいなので)と呼んでいます。
おもちゃに興味のうすいアインがパピーの頃からこれだけは近くに置いてねんねしていたり、ブンブン振り回して遊べと催促したり、ボロボロだけど大事されているカピ。
(実は三代目。もう売ってないからねー)
ライナスの毛布とおんなじです。

e0277800_15550875.jpg



# by PASSAGE_4 | 2018-09-01 17:19 |

エオリア風のパスタソース



7月末で閉店してしまったバルの一番人気だったパスタソースを教えてもらったのでメモ。バルでは、手打ちパスタだったので味わいは違うけれど、何度も作っています。
使うツナ缶やオリーブによって味が大きく変わるのも面白い。バルでは、レモンとくるみが入ったパン粉をトッピングしていたことを覚えておこう。


e0277800_14142639.jpg


今回は、ソースをしっかりからめようと、フジッリにしました。
「ひとりごはんの愉しみと工夫」で知った有元葉子さん流パスタの食べ方は、葉野菜をパスタに混ぜながら食べますが、さっぱりもりもり食べられます。
葉野菜は、オリーブオイル、塩、胡椒など一切使いません。



このパスタソースはエオリア風だそう。エオリアとはイタリア シチリア近くの北方のエオリア諸島です。
行ったことがないので本場の味はわかりませんが、ケッパー、オリーブをたくさん使った大人好みのソースです。

エオリア風のパスタ。
材料

ツナ缶・・・100g
黒(グリーン)オリーブ・・・32g(輪切り)
にんにく・・・1個
アンチョビ・・・8g
ケッパー・・・16gぐらい
タイム・・・4本ぐらい(オイルに香りをうつす)
プチトマト・・・80g(半分にカット)
オリーブオイル・・・大2〜3
白ワイン・・・20g

※イタリアのツナ缶は、オリーブオイル漬けでこれがまた味しい!その時はこのオイルを使いますよ〜。



やっぱり有元さんの料理はあかぬけているなぁ。

ひとりごはんの愉しみと工夫
有元 葉子
東京書籍
売り上げランキング: 2,703




# by PASSAGE_4 | 2018-08-21 20:55 | 料理

明治神宮のパワースポットめぐり


陽射しはまだきびしいものの、朝晩は秋の風を感じるようになってきました。
ゆったりした心になれるような、気の流れが良いと言われる場所に行きたいな。

e0277800_12200751.jpg

雑誌やTVから受け売りの明治神宮のパワースポットめぐりですが、原宿口から拝殿に向かいます。高い木立に囲まれ、葉ずれの音にも涼しさを感じます。
参道入ってすぐの日本酒が奉納されている酒樽前も(まさかの)パワースポットだそうです。

e0277800_12203034.jpg


原宿口から二つ目の鳥居は、樹齢1500年のヒノキで作られ日本最大の大きさだそうです。
この大鳥居をくぐったところが南参道で、良縁や浄化などの効果を得られる場所で願い事を言いながら歩くと良いと言われているようなので、当然・・・ぶつぶつ言ってる変なやつになっていました。

e0277800_13492604.jpg

南参道の途中にある御苑の中です。
数寄屋造りの木造家屋の隔雲亭(かくうんてい)の立つ場所は、南池から芝生にのぼる風が心地よく、野鳥もさえずり避暑地を訪ねたような錯覚を覚えます。

e0277800_10055600.jpg

隔雲亭から下りた南池(なんち)は周りの樹影を映し、黄色のスイレンが咲く大きな池です。

e0277800_12203406.jpg

e0277800_16343172.jpg

江戸初期には加藤家の庭園だったことから加藤清正が掘ったといわれている清正井(きよまさのいど)が南池の奥にあります。
島田秀平さんがTVで開運スポットとして紹介し、人気の場所になりましたが、今は落ち着いているのかひと気はありませんでした。
湧き出ている清水は驚くほど水が透き通り、映り込む青紅葉が美しい。


e0277800_12203960.jpg

拝殿前は外国人が多く、何人にも記念写真を頼まれました。

e0277800_12204284.jpg

拝殿を望むご神木の夫婦楠。
明治天皇と昭憲皇太后ご夫妻の仲が良かったことから縁起がいいとされ、この場所から拝殿向かうと、夫婦円満や家内安全、縁結びに効果があると言われています。

e0277800_12204673.jpg


e0277800_10094881.jpg

北池手前の大きな石が亀の姿に見えるという亀石で、こちらも浄化のパワーがあるとか・・・。

e0277800_12351335.jpg

奥に見えるのは道を開き浄化のパワーがあるという宝物殿です。
宝物殿前の芝生の広場も開放的な気持ちが良い場所で、国旗掲揚塔の前には、さざれ石がありました。
「君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて 苔のむすまで」と、歌われるさざれ石は、長い年月の間に雨水で少しずつ溶けた石灰水が、多くの小石を糊のように接着して固まり、巌(いわお)という大きな石になるまでの長い年月を示すそうで、実物も石同士がつながって大きなものなっていました。
終戦記念日翌日だったこともあり、初めて君が代の歌詞を理解して心に沁みました。

e0277800_12205325.jpg

さて、さてパワースポットをめぐったし、何かいいことおきないかなー♫




# by PASSAGE_4 | 2018-08-17 12:28 | ひとりごと

ふたつの素材でシンプルに



長尾智子さんの組み合わせレッスンより。
野菜に相性のよい肉か魚のどちらかひとつを組み合わせたおいしいひと皿。

その1. ゆで鶏むね肉と枝豆の柚子胡椒炒め。

ゆで鶏むね肉に、柚子胡椒や醤油で味付けした枝豆をたっぷりのせて。
「野菜は添え物でなく肉や魚と同じボリュームにしたいもの。一緒に混ぜてしまうよりも、それぞれの素材を独立させて、別々に味付けしてから盛り付けると味にメリハリが出るし、おいしそうです。」長尾智子さん。

ビールのおともに、ダイエットに、疲労回復にも良さそうですね。

e0277800_13005031.jpg



ゆで鶏むね肉と枝豆の柚子胡椒炒め
材料

・鶏むね肉・・大1枚
・枝豆・・・1袋
・生姜すりおろし・・・小1
・塩・・・少々
・醤油・・・小2
・柚子胡椒・・・小1/3
・植物油・・・小2


作り方

・鶏肉は軽く塩を振り10分おき、水分をふいて、沸騰したお湯から弱い火に落とし4分煮て、そのまま火を止め、ゆで汁につけておく。
 ゆで汁は塩、胡麻油、溶き卵でスープに。
・枝豆は蒸し煮にし、サヤをむき軽く塩を振っておく。
・鶏肉は好みの厚さにスライスし、器に盛る。
・フライパンに油を熱し、枝豆を中火で炒め、生姜を加える。仕上げに醤油、柚子胡椒を枝豆にからめ、火を止め鶏肉にのせる。



食べ方帖 自分を養う毎日のメニュー
長尾 智子
文化出版局
売り上げランキング: 55,379



# by PASSAGE_4 | 2018-08-13 11:33 | 料理

4時半からスタンバイOK!



アインには正確な体内時計があるようで4時半ぴったりにペロペロ攻撃(これがザラザラ舌で何気に痛いような)で起こしにかかります。
枕を抱えて顔を隠して起きないと前足でちょいちょいとこづき、それも無視すると低い声で耳元でうなります。
昨年より暑い分だけ30分早くなってるのは気のせいじゃないけど・・・
はいはい・・・とどうにか体を起こし、ぼさぼさの髪の毛でぼんやりと出発します。

そうね、満足にお散歩できるのは朝だけだから、頑張りますよ。


e0277800_08522219.jpg




e0277800_08522556.jpg



ここはアインが定期的に覗きたいらしいインテリアショップ。
入りたいと催促します。なぜ?笑。


e0277800_08523821.jpg


アインは、きょうも足取り軽く、トマト探しに余念がなく元気で何よりです。






# by PASSAGE_4 | 2018-08-05 09:09 |

バスクチーズケーキ




スペイン バスク地方で生まれた「バスクチーズケーキ」は、表面が黒いのが特徴です。
焼きたてはふんわり、冷やすと、きめ細かくしっとり、とってもおいしいのです。
材料は少なく混ぜて焼くだけなのに本格的、ほめられレシピは植松良枝さんです。


e0277800_07241059.jpg


塩を振っていただきます。
男性ウケもいいですよ。


e0277800_07241383.jpg



評判のバスクケーキのレシピはこの本で!







# by PASSAGE_4 | 2018-07-30 08:23 | 料理

満天顔


かわいすぎでしょ。
笑顔はうつるよねー。



e0277800_07302045.jpg



e0277800_07302484.jpg



e0277800_07303364.jpg



e0277800_07370149.jpg



e0277800_07311882.jpg





# by PASSAGE_4 | 2018-07-29 07:47 |

とよ田



「○○○○にうまいものなし」って可愛げのないことを言っていましたが、ありましたーーーー。

それは1962年創業のひな鳥のから揚げの店「とよ田」ですが、単に評判の良い店に足を運んでいなかっただけのようです。

メインのメニューは素揚げのから揚げのみ。
砂肝、手羽、もものコースをいただきました。丁寧に掃除された砂肝はツヤツヤで、塩を振っただけのシンプルな味わいにまずノックアウト!


e0277800_16130452.jpg



次は手羽の半身。おかみさんに「手で裂いて骨ごと食べられるからね、ひな鳥だから柔らかいよ」と教えてもらいました。
手で裂くと、ふわっ〜と中の熱があがってきました。
肉はジューシー、皮のパリパリ感が半端なくておいし〜い。
カウンター越しに揚げているバチバチという弾ける音もごちそうです。


e0277800_16130943.jpg



ももは、しっとりして香ばしく、これも抜群です。
締めの鶏のスープもしみたなぁ。
憎まれ口を叩いていないで、また行こう!

e0277800_16131216.jpg






# by PASSAGE_4 | 2018-07-27 06:43 | 食べ物の話

幸せな顔。



愛情のこもった世話について・・・・・気づこうとしてよく見ると、たとえば散歩中の犬も、人の家の塀にいる半野良猫も、植物もどういう状況がすぐにわかる。
愛されているのか、いないのか。幸せなのか、そうでないのか。
うちの向かいのビビアンというトイプードルは、ほんとうにかわいがられていて、いつ見ても目も毛づやも体全体も生き生ききらきらしている。

よしもとばなな 〜人と花と動物と〜より抜粋


e0277800_08074300.jpg



アインはどうだろう?
アインパパとの散歩でいつも以上に笑顔が大きい。
目尻も嬉しくて下がりっぱなし。
ブラッシングしていないのに、いつもの寝癖もないんじゃなーい?
愛されているものねー。


e0277800_08074632.jpg


作家と犬をめぐる28話。







# by PASSAGE_4 | 2018-07-26 10:15 |

アインクマ?



京都で活動している山根大典さんは、海で拾った流木や家具の端材、原型がなくなった部品など捨てられるはずだったもので作られた動物たちをメインに作っている木工作家さん。
なんとなくアインに似ている・・・かな?


e0277800_08471437.jpg





# by PASSAGE_4 | 2018-07-14 09:04 | アート


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
おでかけ

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com

ライフログ

最新の記事

寝る子は育つと言いますが・・・・
at 2018-11-13 05:40
白菜と鶏肉のゆずスパゲティ
at 2018-11-12 09:43
しいたけとしょうがのスパゲティ
at 2018-11-06 08:51
あきる野市で竹林ランチ
at 2018-11-04 17:44
とらや赤坂店
at 2018-10-31 18:41
西洋菓子 しろたえのレアチー..
at 2018-10-29 19:23
いちじくとひよこ豆のフムス
at 2018-10-28 18:59
アメジストセージとアイン
at 2018-10-25 07:47
いちじくの葉の香りを楽しむ。
at 2018-10-16 19:34
秋色の根菜ラグーソース
at 2018-10-12 20:23

タグ

検索