タグ:保存食 ( 8 ) タグの人気記事

ゴーヤの佃煮。


農家の台所より

甘さを少しひかえて黒酢で作ってみました。
農家ではお茶うけにするそうですが、ご飯のおともにも、最高です。

e0277800_09282054.jpg





More
by PASSAGE_4 | 2017-08-29 09:33 | 料理

万能玉ねぎのタレ。



覚書。
玉ねぎににんにく、林檎の甘味を加えた便利なタレ。


e0277800_09264228.jpg



More
by PASSAGE_4 | 2017-08-28 09:45 | 料理

イタリアの味 キノット


CHINOTTO



イタリアではポピュラーな飲み物だというキノット。
キャサリンさんに教えていただいた夏みかんで作ったキノットを炭酸で割ります。
数種類のまじり合うスパイスの香りと苦味がクセになりそう、爽快感があるおいしい大人のドリンク。
混ぜると茶褐色のキノットは、能登島に住む有永浩太さんの薄墨色の手吹きグラスにも似合います。

e0277800_8481457.jpg

by PASSAGE_4 | 2017-08-13 18:43 | 料理

だし


土用の丑の日に梅干し、うどん、瓜など「う」の付くものを食べて精をつけ、無病息災を祈願します。
瓜類(きゅうり、すいか、とうがん、にがうり、かぼちゃ)は体の熱をとり、夏バテ防止にぴったり。
山形の郷土料理の「だし」を、ごはんや冷奴にのせたり、そうめんにかけていただきます。
ツルツルッと口当たりが良くて、つい食べ過ぎてしまいますね。


e0277800_865911.jpg


More
by PASSAGE_4 | 2017-07-25 08:48 | 料理

土用の丑の日には。


京都に店を構え、100年以上続く佃煮の専門店「くらま辻井」のうなぎ山椒煮。
ふっくらと炊かれ、照りのあるうなぎのコクのある甘味と爽やかな実山椒の香りに箸が進みます。
京都に習って、だし汁をかけてお茶漬けでもいただきます。


e0277800_7292194.jpg

by PASSAGE_4 | 2017-07-19 08:03 | 食べ物の話

エキゾチックキャロット


CINEMA CANNING Vol.5



逗子の映画館 シネマアミーゴで、月に一度の瓶詰めづくり。
形が悪かったり育ちすぎたり市場には出せない“もったいない野菜”を使って料理の素を作ります。

今回は有機人参、オリーブオイルでじっくり炒めて、塩を加えて白ワインで蒸煮にします。
クミンシード、クローブパウダー、カルダモンパウダーをくわえてブレンダーで潰すと、香り豊かな甘いエキゾチックキャロットの出来上がり。
瓶に詰めて、きちんと脱気すると常温で保存できるので、とても便利。

e0277800_751366.jpg


教えていただいたレシピがおいしかったのでまた作りました。
ナツメグ、コリアンダーなど好みのスパイスで下味をつけ焼き色をつけた鶏肉に白ワイン、オリーブ、レモン、新玉ねぎを使ったタジン鍋。
仕上げにエキゾチックキャロットをのせていただきます。(塩レモンで作ると、さらにおいしいそう)
サモサ、サラダ、サンドイッチ、ご飯と炒めて・・・・・万能選手の瓶詰めです。



さて、準備ができました。これを火にかけます。


e0277800_7521439.jpg


More
by PASSAGE_4 | 2017-06-13 10:50 | 学ぶ

デトックスのはずなのに。


木の芽とちりめんの佃煮。
山椒はデトックスにいいというのに、おいしくてご飯がすすむ、すすむ、すすみすぎ。
もりもり食べて・・・・・デトックスって笑っちゃうでしょ。


e0277800_20532890.jpg

by PASSAGE_4 | 2017-05-19 07:00 | 料理

キャサリン・キノット レシピ


CATHARINE'S CHINOTTO



キャサリンさんから教えていただいたキノットを伊豆の夏みかんで作りました。
イタリアの伝統的な飲み物ですが、手作りする人が少なくなっているので、「みんなで受け継いでいければいいわね」と、お話されていたので公開します。くわしいことは、こちらの記事 を参考にどうぞ。

e0277800_10565455.jpg



シロップは夏は炭酸で割ってスッキリしたドリンクとして、冬はお湯割りに。
取り出したスパイスは、軽くオーブンで乾燥させ、肉料理などの隠し味に。
ピールをクッキー、パウンドケーキなどの焼き菓子に。
ピールをきざんでバター、チョコと合わせて丸め、ココアを振れば、オレンジの香りのトリュフに。


e0277800_8534487.jpg



作りやすい量

・夏みかん 6個
●コリアンダーホール 15g
●シナモン 30g(3cmぐらいに折る)
●ローズマリー 15cmぐらい
・きび砂糖 250g
・クリーブ 5g
・カルダモン 15g(ふたつに割る)
・粒黒胡椒 10g

※上記スパイスの●は絶対に入れたほうがよい


Recipe

1. 夏みかんを1/4に切り、5mmぐらいにスライスする
2. スライスした夏みかんを鉄板に並べ、スパイスを全体にふる
3. 190 ℃に温めたオーブンで45~50分焼く
4. 水500mlにきび砂糖をとかしシロップをつくる
5. 鉄板から取り出した熱々のピールとスパイスを消毒した瓶につめる
6. 瓶に熱いシロップを注いで蓋をしめ、粗熱がとれたら出来あがり。1ヶ月半ぐらいから楽しめます。
by PASSAGE_4 | 2017-05-09 11:35 | 料理


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
旅行

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新の記事

金柑
at 2017-12-11 21:50
赤かぶのポタージュ
at 2017-12-08 20:04
カサカサ歩くまぶしい朝。
at 2017-12-05 21:50
アインくんちのぎゅうぎゅう焼き。
at 2017-12-04 22:44
乱れ咲く小菊いっぱい。
at 2017-12-02 18:01
人参の葉が主役です。
at 2017-11-29 21:44
白侘助
at 2017-11-27 22:07
キクイモのポタージュ
at 2017-11-26 17:50
手羽先とじゃがいもの豆板醤焼き
at 2017-11-25 15:45
ピクルス
at 2017-11-24 22:02

タグ

検索