カテゴリ:料理( 151 )

土井善晴先生の“粕汁”



土井善晴先生が、父の勝氏のレシピを今という時代にあったものに作り直しているものがあるそうです。
わたしも子供の頃から親しんでいるおかずを土井善晴先生のレシピでお試し中。
気に入ったものは保存版にしていきたい。
それにしても粕汁で、体がぽかぽか〜すごいなぁ。


e0277800_18414588.jpg
かんじんのネギがなくて、人参の葉がぱらり。パセリじゃないのよ。





More
by PASSAGE_4 | 2018-02-16 19:14 | 料理

出汁いらずのポタージュスープ。


自然栽培の個性と力がある野菜はシンプルに味わいます。
甘さ、香り、濃くてワイルドなおいしさ。

明石農園さん 黒田五寸人参のポタージュは、ちょっとぽったりめに。

e0277800_09324112.jpg
少量のじゃがいも入り、クミンオイルがアクセント。




関野農園さん みやまこかぶのポタージュ。

e0277800_09324897.jpg
白梅の花びらは飾り。




by PASSAGE_4 | 2018-02-14 13:52 | 料理

土井善晴先生の“ぶり大根”



春が近づいてきている気配はあっても風が冷たい夜は、ぶり大根にしました。
土井善晴先生のレシピ~みんなのきょうの料理~です。
こっくりとべっ甲色に煮上がって、残しておきたい保存版のレシピになりました。


e0277800_22044548.jpg





More
by PASSAGE_4 | 2018-02-12 22:22 | 料理

春の口福~ふきのとう



春の味でなんといっても楽しみにしているのがふきのとう。
ほのかな苦味は、冬のあいだに体に溜まった毒出しと春の口開けにぴったりです。

昨年もたくさん摘んで天ぷら三昧、ブログを見ると今年は1ヶ月も摘む時期が遅れていますから寒さが厳しいはずです。


e0277800_09400754.jpg



まずは、ふきのとう味噌を作って、天ぷらとふきのとうのキッシュ(お初)を作ります。

e0277800_09405239.jpg


More
by PASSAGE_4 | 2018-02-11 21:19 | 料理

酒粕で体の芯から温める~根菜類の八角煮



1年でいちばん寒いこの時期、力が入り体全体がこっている気がします。
手当て料理を提案するウー・ウェンさんの体の芯から温める料理を作りました。
いつもは酒粕といえば粕汁が定番ですが、香辛料の八角いれた根菜の中華煮込み。
里芋、じゃがいも、黒田五寸人参、玉ねぎ、卵をことこと煮込むだけです。
やさしい味で汁ごといただきました。


e0277800_19155696.jpg





More
by PASSAGE_4 | 2018-02-10 19:58 | 料理

生姜のはちみつ漬け


スズキエミ先生のお宅で荷物を下ろしたときに出されたのが、みかんが入った生姜のはちみつ漬けのお湯割りでした。寒かったのと、「はじめまして」の緊張感がすこし緩んだ気がして、おいしかった~。
こんなさりげない気遣いが素敵です。


e0277800_11212190.jpg





さっそく作ってみました。
自然栽培の生姜は皮付きのまま、薄くスライス、お皿に重ならないように広げ、ふんわりとラップをして1分加熱。ラップをはずし冷めたら、清潔な瓶に入れ、生姜の3倍ほどのはちみつを注ぎます。
無添加、無加工、非加熱の生はちみつを使いました。
1週間後から飲み始め、お湯割りに、ぎゅーとしぼったレモンとをこれでもかーといれて、ふっー。
あったまりますねー。


e0277800_11201393.jpg





野菜のうまみをひき出す 季節の保存食とレシピ
スズキ エミ
家の光協会
売り上げランキング: 523,566





by PASSAGE_4 | 2018-01-13 11:56 | 料理

白、黄、赤にんじん。



黄にんじんを味噌で。
新にんじんではないのに、みずみずしく香り高い。

e0277800_08353419.jpg



赤にんじんと白にんじんの梅干炒め。
にんじんを梅干で炒めて青紫蘇であえるのが、山脇りこさん流。
にんじんを炒めすぎないのがポイント・・・・・はまります。
おいしすぎて、2本分一気に食べ・・・ご注意ください!
喉が渇きます。

e0277800_08433137.jpg



黄にんじんと長芋のジョン。
ジョンは韓国料理で、野菜などに薄力粉や塩味の卵液をつけて焼いたもの。
弱火でじっくり焼いた長芋はぽくぽく、黄にんじんは驚くほど甘く、軽いのでいくらでも食べられます。

e0277800_08355850.jpg












by PASSAGE_4 | 2017-12-21 09:25 | 料理

春菊



ずいぶん前の献立なので時期はずれ感もあるけれど、今や柿と春菊のサラダは定番。

e0277800_18413189.jpg



スズキエミさん著書「四季を味わうにっぽんのパスタ」より、春菊とアンチョビのパスタ。
春菊の半分は炒めて、生のままたっぷりパスタにのせて、ふたつの個性を味わいます。
にんにくとアンチョビに鷹の爪、シンプルでおいしい。
もう自然栽培の春菊はおしまいで、本当の旬は実に短い。
もっと食べたかったなぁ。


e0277800_18420420.jpg






四季を味わう にっぽんのパスタ (立東舎 料理の本棚)
スズキ エミ
リットーミュージック
売り上げランキング: 131,226






by PASSAGE_4 | 2017-12-16 19:01 | 料理

赤かぶのポタージュ



まっかに染まる赤かぶの甘酢漬けにはまっていますが、今日はポタージュにしました。
きれいなピンクに染まった甘くやさしい味わい。
同じピンクでも ビーツのスープ より、ちょっと紫がかっています。

それにしてもこの凍るような寒さはなに?
明日は具だくさんのけんちん汁に決まりかな。


e0277800_19432244.jpg






by PASSAGE_4 | 2017-12-08 20:04 | 料理

アインくんちのぎゅうぎゅう焼き。


e0277800_21445428.jpg


タンパク質が入っていないぎゅうぎゅう焼き。
たいしたことないけど、珍しい野菜がいくつか。
蒸した在来種の蓮根、ゴボウ、紫芋、紅まさりとキクイモ、人参、青長大根、紅芯大根、みやま小蕪、玉ねぎ、南部一郎南瓜、残り野菜のオールスターズをオリーブオイル、ローズマリー、塩で焼いただけ。
あっ、表現どうかと思うけど、ヤドカリみたいなのが、物体Xキクイモ。
全体は、なかなかカラフルでしょ。


e0277800_21445722.jpg




by PASSAGE_4 | 2017-12-04 22:44 | 料理


日々 記憶のノート


by PASSAGE_4

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
woman exicite
好きな物
甘いもの

カフェ
写真の話
料理
学ぶ
ひとりごと
旅行

季節の話

アート
物の話

食べ物の話
未分類


▼ご連絡は、こちらからどうぞ。
PASSAGE_4@excite.co.jp

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新の記事

土井善晴先生の“粕汁”
at 2018-02-16 19:14
出汁いらずのポタージュスープ。
at 2018-02-14 13:52
土井善晴先生の“ぶり大根”
at 2018-02-12 22:22
春の口福~ふきのとう
at 2018-02-11 21:19
酒粕で体の芯から温める~根菜..
at 2018-02-10 19:58
立ち寄り熱海。
at 2018-02-07 09:51
伊豆~お宿編
at 2018-02-03 19:49
伊豆~伊豆シャボテン動物公園Ⅱ
at 2018-01-31 09:33
伊豆旅~伊豆シャボテン動物公園
at 2018-01-29 09:21
大雪まえ。
at 2018-01-24 08:47

タグ

検索